事業継承・企業M&Aならひまわりコンサルティング

TOPページへ
HOME
お知らせ一覧
会社案内
ブログ
リンク
サイトマップ
お問い合わせ
定休日

2/1 退職時の住民税

前のページへ戻ります

Q 1月末に従業員が退職しました。この従業員については住民税を毎月給与から徴収して納付していたのですが、今後の手続はどうすればよいでしょうか。

A 6月から12月の間に退職した人については、翌年の5月末までに支払うべき住民税の残額は、本人が分割で支払う、あるいは再就職先において給与から徴収することになります。退職時に一括納入することも選択できます。
1月から5月の間に退職した人については、翌年の5月末までに支払うべき住民税を退職時に一括納入します。
いずれにしましても、市区町村に「給与所得者異動届出書」を提出して、今後の徴収方法等を報告する必要があります。様式は市町村のホームページからダウンロードできます。毎年、5月、6月頃に郵送されてくる住民税の特別徴収の通知にも添付されています。

前のページへ戻ります