事業継承・企業M&Aならひまわりコンサルティング

TOPページへ
HOME
お知らせ一覧
会社案内
ブログ
リンク
サイトマップ
お問い合わせ
定休日

1/6 23年度税制改正大綱〜欠損金

前のページへ戻ります

欠損金の扱いが変わります。

1 中小法人
欠損金を繰越控除できる期間が7年から9年に延長されます。これは平成20年4月1日以後終了事業年度で生じた欠損金から適用されます。

2 中小法人以外の法人
(1)欠損金の繰越控除期間が7年から9年に延長れる点は、上記の中小法人と同様です。
(2)控除限度額が、控除しようとする年度の所得の80%に制限されます。仮に欠損金が1000万円あり、当該事業年度の所得が300万円であった場合、300万円×80%=240万円までは欠損金と所得を相殺できますが、60万円については欠損金と相殺することができず、課税所得とされます。

※中小法人とは資本金の額が1億円以下の法人です。

前のページへ戻ります